2010年04月28日

Yahoo!リスティング広告のスポンサーサイト広告の罠

Yahoo!リスティング広告(旧称Overture)を運用して、
もうそろそろ2年、いや3年ぐらい経つのですが、
広告運用というのはなかなか難しいですよね。



ここ最近、Yahoo!リスティング広告のほうで、
インプレッション数(表示回数)が増えたり、
広告のクリック数が増えたりと、頭を悩ませていたのですが、
解決?できそうな方法があったので、メモメモ。


インプレッション数増加はポイントサイトによる検索数増加?



最近になって、ポイントサイトなるサイトのことを知りました。
まあ、以前からお小遣いサイトだろうな、みたいな考えはあったのですが、
意外や意外、こんなところにYahoo!リスティング広告の罠があるとは!



あるポイントサイトでは、そのサイトで得られるポイントを、
そのサイトにある検索システムを使って、毎日数ポイント貯める、
といった仕組みがとられています。
まあ、どこも似たような仕組みなんだろうなー、と思うのですが。



で、その検索システムを提供しているのがYahoo!なのですね。
もちろん、検索した結果はYahoo!から提供されているもので、
検索結果はYahoo!と同じものが表示されます。



それだけならいいものの、なんとYahoo!リスティング広告の部分も表示されるのです。
まあ、広告部分を表示させるのを百歩譲って許すとしても、
その検索結果画面では、明確に広告部分と自然検索部分をわけていない、
という手の込みよう。



明らかに誘導してるんじゃないのこれ?みたいな感じではないけど、
本場Yahoo!の検索結果のように、色分けしていないところを見ると、
変に悪意を感じてしまうのです。



ポイントサイトが増えるにつれて、Yahoo!リスティング広告との提携サイトが増え、
さらに、同じような仕組みをとることで、
いつのまにか、インプレッション数やクリック数が増えていたのだな、と知りました。



なぜこういう結論に至ったのかと言えば、
ログ解析を行ってみると、
ポイントサイト経由で、サイトに訪れる人の数が急激に増えたのもあります。



Yahoo!リスティング広告の管理画面で、配信したくないサイトを設定



ポイントサイトのようなところで、無闇にインプレッション数を上げられたのでは
こちらとしてもたまったもんじゃありません。



ということで、いろいろ調べてみると、
Yahoo!リスティング広告の管理画面より、
配信対象外のサイトを選べるようになっていました。いつの間に。

広告配信対象外サイト Yahoo!リスティング広告

※2010/04/28 現在テスト公開との注釈アリ



上記ページにも記載れさていますが、
この機能はPC版のみっぽいです。まあ、携帯サイトにも
同様なポイントサイトみたいなのがあるのなら、それはそれで問題だと思いますが。



早速、ログ解析からわかった、
必要のないポイントサイトなどをまとめて、一気に登録!
これで、少しはマシになるのかな、と淡い期待を・・・w



それにしても、こういう原因でインプレッション数とか、
クリック数が増えるのは本当に勘弁してほしいなぁ。

もちろん、ポイントサイト経由で、問合せに繋がるようなお客さんがとれれば、
そのサイトには広告を出稿したいのですけどね。
現実的に、それはあまりないかな・・・と思うわけですよ、うん。



posted by おちと at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 検索エンジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148068431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。